今日の現場から

熟成肉を塊で

2015/04/17(金) 日々の出来事

「部長、ご飯よろしくお願いします(*^_^*)」
こんな可愛らしいお願いを私にしてくれるのが、ゴデスクリエイト・プロデューサーの上田さん。

2015年に入って、今日で3回目。
私が「一度行ってみたかった」お店ばかりお付き合いしてもらっています。

1回目はいつ行っても「満席」と断られていたフレンチ。
2回目は麩屋町にある肉専科のお店で上品なお肉づくし。
そして今日、3回目はパリ仕込み熟成肉で有名な「le 14e(ル キャトーズィエム)」さん。
やーーーっと来ることができました!なんとなく行きたいなぁと思っているだけでは
実現しないものですね。思いがあればなんでも実現する!ということを改めて感じます。

着席して即言われた言葉が「用意に少しお時間を頂戴します。」
???
まだ注文していないのに? そして数分後に出てきたのがメニューではなく、これです!


本日のお肉の塊からチョイスするのです。わからなかったので、おすすめを聞いてみました。




太ももの裏の部分と、はらみに決定!


前菜は、この1点のみ。お肉のボリュームをみてから、追加をご注文くださいとのことでした。
モッツァレッラの中に、生クリームと和えたモッツァレッラが包み込まれているブラータ、美味です。



あ~最高。

そして、お肉の登場です。おいしい顔してください!と言われて
こんな顔しかできませんでした<(_ _)>



とろけます。最高に美味しいです。赤ワイン、必須です!



そんなに席数のないお店ですが、フランス人らしきカップルが来られました。
このお店のシェフは、パリ14区の三つ星お肉の名店「ル・セヴェロ」でお肉を焼いていたそうで、
そんな噂も聞きつけてパリから来店されたのかなぁと想像しました。
オーダーは、オーナーがフランス語で対応!(^^)!




最後はチーズで締め。




それにしても、よく食べ、よく話しました。
こんな時間は時々でも絶対必要ですね。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)