今日の現場から

京の七夕

2015/08/10(月) 京都の文化

2010年から始まった、京都の新たな夏の風物詩「京の七夕」。




七夕の節句に目を向け、平和や地球環境をはじめ、様々な願いを全国から募り、
寺院・神社に託すという、京都ならではの現代版・七夕を実現すべく開催されているイベント

 

です。

 

今年は堀川会場で、オカリナ奏者の鈴江先子さんが演奏されると聞きつけ、行ってきました。

 

鈴江さんとの出会いは、秋篠宮妃殿下名誉総裁がお見えになった大聖寺の総会。
初めて生で拝聴したオカリナの優しく透き通った音色に魅了されました。鈴江さんのお人柄にも。

 

今日はギター、パーカッションとのコラボでまた一味違う、おしゃれなオカリナ演奏を
楽しませていただきました。

 

素敵な夏のひとときでした。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)