今日の現場から

大河ドラマ

2016/02/07(日) 日々の出来事

面白かろうが面白くなかろうが。戦国時代だろうが江戸時代だろうが。日本史上の人物や事件を1年間通して追いかけることのできるNHK大河ドラマを、欠かさず夢中になって見始めたのは2008年の「篤姫」からです。

 

2016年は「真田丸」。おもしろいです。「篤姫」で号泣して以来の堺雅人&高畑淳子 親子キャストにも興奮。そして「大河にそういうのいらない」ってつっこみを入れてしまうほど、のめり込んでしまう三谷幸喜さん脚本です。これから1年間、目が離せません。

 

日本全国にお客様がいてくださる私たち。

 

篤姫は住まいず様、八重の桜は大桃建設様、軍師官兵衛は夢の井様。そして真田丸は美し信州建設様。

 

あぁ素敵すぎます。

 

 

感動。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)