今日の現場から

祇園祭

2005/07/16(土) 京都の文化
戸上が京都のど真ん中に引っ越して間もなく1年。祇園祭の宵々々山がはじまった14日の夕暮れから、職場に賑やかな喧騒がながれてきます。アナウンスやおまわりさんの警笛など考え中の頭には「うるさい!!」となりそうなところですが・・・それが全然。「あ〜京都にいるのだなぁ。」と心地よく響いてくるから不思議です。仕事を終え、ビルをでるとカラフルな浴衣姿の女性や子供たち。眺めているだけでいい気分です。露天で買い物しなくても、渋滞に巻き込まれても「こんな場所で働いているんだなぁ。」と珍しく広い心になれた3日間でした。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)