今日の現場から

親子会議

2007/01/04(木) 私の相棒♪
昨晩、子供と2人で今年の目標について話し合う時間をもちました。
来年、受験にチャレンジする息子にとって2007年の過ごし方は
とても大事なこと。ただ“なんとなく”学校がはじまって・・・というふうには
したくなかったのです。
日経新聞からもらった大人用のダイアリー1冊と付箋を渡し、
予定や目標、中々伝えられないママへのメッセージ・・・落書き感覚で
ドンドン使うべし―。と。

1月の目標はスイミングの背泳ぎでシルバーを獲得すること、
宿題は帰ってすぐ済ますこと。
そして、1年を通しての課題はテレビの「ダラダラ見」をやめること。

これが中々大変なんです、そう、私が。見ていても見ていなくても\r
BGMとしてテレビがついていてほしい生活をずっと続けてきた我が家。
同じように子供が育つのは当たり前のことです。
苦しいですが、子供と一緒に取り組んでいきたいと思います。

年始の新聞広告に「頭のよい子が育つ家」の本の紹介がのっていました。その中で、「あたまの良い子は、親の近くで勉強したがる」という
コピーが印象に残りました。

ダイアリーを渡した時、ちょっとうれしそうに「一緒にしてくれる?」と
私を見たあの表情が忘れられません。こんなノート、使えっていわれても・・・という不安と、なんだか楽しそう!という期待と。
そんな風に受け取りました。

ふと時計をみると話し合いは90分にも及んでいました。
でもとてもいい時間でした。テレビを消すと、こんなにいいことがあるんですね。

★この後、早速会議で決まったことは来週から・・・と、
 2人でドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」を見て、ポロポロ泣きました(^_^;)

記事一覧

1ページ (全102ページ中)