今日の現場から

松岡紀子 松岡紀子

2018/01/09(火) 旅日記

新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


恒例にしてきた年末年始の旅も、今回で5回目となりました。

旅する意味は?

 

行って見ないとわからないことがたくさんあります。
健康とお休みとお金を費やせる内に。
迷い・不安・決断・責任の連続は、自分を成長させてくれる。
心が癒される。

から。 

と、今のところ思っています。同じスタイルで行く旅は、きっとこれで最後。ウィーンは最後を飾るにふさわしい街でした。

 

成田発ブリュッセル経由で18:00頃ウィーンに入る予定でした。が、旅のことをふっと忘れていた頃に、便が変更になった旨のメールが1通届きました。

 

乗継時間、なんと5時間。こんなに長い経由地での待ち時間は初めてで、ホテルに23時過ぎに到着することもショックでした。でも「まっ、それもご縁。」と気持ちを切り替えることができるのも5回目ならでは。すると、次はとても楽しいサプライズと出会えたりします。 

 

 


そうだ、ブリュッセルにちょっぴり遠足、行ってみよう。伊丹から成田の機内紙で出会ったサプライズでした。ちょっぴり遠足の目的は、小便小僧とベルギーワッフルとグランプラス!



鉄道チケットを紛失したら、空港には入れません。


 

 
テロが連続するブリュッセル。多くの観光客で賑わう中、銃を持った厳めしいベルギー軍のパトロールも。


 

意外と小さかった小便小僧。

 

 

初ベルギーワッフル。美味でしたがもっとシンプルにすれば良かったです。ついつい・・・

 

 

プロジェクションマッピングが始まる時間にグランプラスに到着しました。

 


美しい!正にもっとも美しい広場のひとつ、でした。 

 

 

中央駅では昨年6月に自爆攻撃未遂がありました。さあ、空港に戻ります!

記事一覧

1ページ (全102ページ中)