今日の現場から

この『謎』に、泣きました!

2012/02/09(木) 日々の出来事

東野圭吾が認める、最高傑作。

私もそう思いました。

予告編からは読み取れない、感じ取れない

感動と思いがたくさんつまった映画でした。

 

エンドロールが終わっても、しばらく席を立つことができませんでした。

映画を見ていて、こんなに自分のまわりの人の顔が浮かんだ映画は初めてでした。

家族と、会社で一緒に働いてくれる人たちの顔。

 

すべてのシーンに、「私ならどうする?」と問いかけた映画でした。

そして、答えはすぐ出せないことばかり。

仕事を判断、決断、するようには全くいかないことばかり。

 

チーフ、この映画は是非、2月の1本に!

舘川さん、泣くよ~。

上田さんは、見たかな♪ もう小説で読んでるかもね。

みんなとお酒飲みながら、感想を語り合いたいなぁ。

 

麒麟の翼。

この映画、息子に必ず見せます。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)