今日の現場から

どうなる日本?!

2016/10/23(日) 日々の出来事

人を惹きつける話とは。話しが上手いかどうかの決め手とは。それは伝えたいこと、伝えるべきことの深さと量で決まる。辛坊治郎さんの講演を拝聴し、改めて思いました。

 

テーマは「どうなる日本?!」~政治経済の明日を読み解く~
難しそう。でも興味は大有り。定員1000名ぎっしりの会場に登壇されるやいなや、息つく暇なく語られる「伝えたいこと、伝えるべきこと」に私の心は瞬時につかまれました。瞬きするのも忘れるほどの、あっという間の90分。

 

日本のこれからの一番の問題が、「長生き」だとは考えたこともありませんでした。人工多能性幹細胞(iPS細胞)により、心臓、肝臓、腎臓は、傷んでもお金を出せば取り替えてもらえる時代がもうそこまできているとのこと。そうなれば日本人は120歳まで生きる時代になり、年齢で?費用で?どこかで線をひかなければ、今世界一と言われる日本の公的医療保険は崩壊する・・・。

 

大きな病気はしたくない、少しだけ長生きできたらいいな。そんなことをうっすら考えていた私ですが、簡単には死ねない長生きのリスクへの備えに今日からチェンジです。

人生初のサイン会、でした。

記事一覧|2016年10月