今日の現場から

えのすい×チームラボ

2015/07/26(日) 日々の出来事

鎌倉ぶらり旅のもうひとつの目的。


えのすい×チームラボ 『魚たちとデジタルアートの共演、夜の光の水族館』を見ること。


今、世界で最も注目されているアート集団「チームラボ」と、新江の島水族館のコラボレーションイベントです。

 




まずは、かわいい・かわいいイルカショーを見学。
イルカのパフォーマンスは文句なく素晴らしかったけれど、私の視線は舞台に立つ若者たちに釘付け。男女とも一生懸命で、カッコよくて、イキイキしていて。

ただただ見惚れてしまいました。



自分が紙に描いた模様の魚が泳ぎだす「お絵描き水族館」


「ナイトワンダーアクアリウム2015」



館内最大級の水槽・相模湾大水槽にプロジェクションマッピングを施し、魚の動きに合わせて美しい花が咲き乱れる幻想的な空間を演出。


映像の明かりで水槽を照らし、魚たちの動きはそのままに、水槽全体が巨大なアート空間へ変ぼう。

 

水槽のみならず、水族館内に配置された多数の光の球体。
この球体は触れることで音とともに色を変化させ、また周りの球体もそれに呼応することで、より幻想的な世界を演出・・・

この他、自動的に撮影できるFacebook連動型のデジタルサイネージ「チームラボカメラ」も体験してきました。

テーマは“進化するえのすい”。
本来閉館する時間の水族館で、目に美しく、大人も子供も楽しめる企画をこれでもか、これでもか、という感じはさすがでした。

が、何より。この「夜の光の水族館」という企画がなければ、私はこの鎌倉旅に水族館を計画していません。

集客する力。う----ん。勉強させていただきました。

 

記事一覧|2015年7月