今日の現場から

瞬間最高視聴率

2015/01/05(月) 日々の出来事

昨年最後の一大イベントとして、松田聖子さんのディナーショーに行ってきました。念願でした。

特別に前の席ではありませんでしたが、そこはディナーショーの一番のメリット。オペラグラスがなくても、聖子さんのお顔のパーツが何とかわかる距離感に大興奮、しました。

京都会館第一ホールにコンサートを見に行ったのは高校生の時。あれから私は歳を重ねましたが、それは聖子ちゃんも同じはず。それなのに大人の魅力以上に、アイドルのキラキラがありました。

「天使のウィンク」を歌いながら花道を帰っていく時、フリルのミニスカートにスキップですよ。それがとっても軽やかで、可愛らしいという表現がぴったりの姿でした。

今も五木ひろしさんに次ぐ高い金額でディナーショーを満席にし続ける為に、私など想像すらできない努力をし続けている人を目の前で見た、貴重なディナーショー初体験でした。



そして、大晦日のNHK紅白歌合戦。大トリ、聖子さん。

「聖子さんでも緊張するんですね。」と若手司会者が素朴に感想を言ったほどの、緊張に震える聖子さん。

実績も実力もあり、ずっと努力を止めない人の大緊張した姿。いえ、それだからこその「緊張」だと私は理解します。ただただ尊敬です。

この度の紅白歌合戦、瞬間最高視聴率47.5%は聖子さん歌唱中。サッカーW杯ブラジル大会・日本VSコートジボワール戦に次ぐ年間2位を獲得したそうです。

ゴデスクリエイトもそうありたい。
本年もお客様にお喜びいただける仕事に取り組みます。

 

記事一覧|2015年1月