今日の現場から

ロボットレストラン

2014/02/24(月) 日々の出来事

2012年7月オープンの新宿歌舞伎町「ロボットレストラン」。

ロボットと若い女性パフォーマーが繰り広げる、
空前絶後のエンターテイメントショー。

総工費用なんと100億円。

キャッチフレーズは
「世界でここだけのロボット&ダンスショーレストラン。」

お客さんは外国人ばかり。
日本の新名所として、海外セレブや巨匠監督などが多数来店しているとか。
アメリカの人気シンガーソングライター ケイティ・ペリーさんや、
数々のファンタジー作品で知られるティム・バートン監督も。

蜷川実花さんも撮影に使ったことがあるのだそうです。
 

でも、そんなことはあんまり関係なく、

「女の子たちがすごく一生懸命なんだよ。」

お誘いいただかなければ、足を踏み入れることができなかった異空間。

私も一生懸命な女子たちにあっという間に心つかまれ
異空間に連れていかれました。 

そして、生まれて初めての美人ニューハーフのお店へ・・・ 

記事一覧|2014年2月