今日の現場から

ニエル君、帰国。素晴らしい1年でした。

2013/07/23(火) 日々の出来事

あっという間に1年は過ぎて、ニエル君が帰国する日がきてしまいました。

自宅に外国の人を、しかも長期間受け入れるなんて、果たして本当にできるのだろうか?
同じ歳の息子の英語力は、担任の先生がおっしゃる通り、本当に劇的に変わるのだろうか?

???と期待で始まったニエル君との生活は
頭で考えるよりもずっと自然で、素晴らしい時間でした。
 

子供を2人もつ母、体験させてもらいました。(^O^)/
息子の英語力、特に何の変化もありませんでした。(~_~;)


でも、息子はニエル君のこの1年の目覚ましい成長を横でヒシヒシと感じていたようで。

「ニエルはこの1年、すごい成長した。僕とは比べものにならない。」
ニエル君が帰国する2日前、そう褒めたたえていました。

我が家初日の夜。荷物を運び、一息ついているニエル君の部屋に行って
「お風呂とトイレの場所、使い方を教えてあげてきて。」
という母の指令に、わかったと言いつつも、
「どうしよう、ドキドキする。」と照れていた息子の顔を思い出します。

 

 

 

1年という月日を家と学校で共にした。
そのこと自体が、かけがえのない財産となりました。

ニエル、ありがとう。またね~!!!

 


 


最後の遊び、最後の食事!

記事一覧|2013年7月