今日の現場から

注目の3D

2010/01/28(木) 日々の出来事

史上最高の興行収入と話題の映画、「アバター」。

私も1月初めに見に行ってきました。もちろん、3Dで。

映画は素晴らしかったですが、3Dは今ひとつ、というのが正直な感想でした。

あのメガネ、2時間30分かけ続けていると疲れるんです。

これから続々と3D映画が公開されますが、私は2Dがいいわ・・・と思っていたら

3Dの映写方法には2種類ある、ということを知りました。

カナダ生まれの「IMAX」で見ると、3Dの迫力を強く実感できるようです。

京都にはIMAXシアターが今のところないので、今度大阪に見に行こうと思います。

電気屋さんには既に3Dデジカメが売られていて、この春にはいよいよ3Dテレビが発売されます。

注目、です。

記事一覧|2010年1月