今日の現場から

ねぎらいの言葉 解明

2006/10/24(火) 日々の出来事
今日の日経新聞朝刊に左の記事が載っていました。今まで当たり前のように使っていた言葉が、日本語違反と知ってから代わりの言葉を捜し求め、でも見つからずモヤモヤしていたのですが、やっと解明しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねぎらいの言葉「ご苦労」については、ねぎらいは目上の者が下の者にする行為であるため、目上の人に「ご苦労さまでした」と言うのは不適切とした。「お疲れ様でした」か、感謝の意を込める「ありがとうございました」を使うよう勧めている。  2006年10月24日日本経済新聞(文化審議会が「正しい敬語」の目安となる指針案をまとめた・・・記事より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目上の人にも「お疲れ様です!」で良かったのだと分かり、すっきりしました。

記事一覧|2006年10月

1ページ (全2ページ中)