今日の現場から

なつかしい時間

2006/09/27(水) 日々の出来事
ランチタイムにかかってきた1本の電話。そのなつかしいお声は東芝ファイナンスの吉富さんでした。

名前をおっしゃる前に「!」
私は気づきました。
そして吉冨さんも私が名乗る前に「!」
感じて下さったご様子。

もう本当にご無沙汰だったのですが、一気に時間は私の“青春時代”にタイムスリップ。

そう、私の青春時代は中学生、高校生の頃ではなく、東芝ファイナンスのリース契約書を持って毎日走り回っていたあの5年の歳月。吉冨さんはそんな私を見守ってくださった大切な大切なお一人です。

独特のやさしい口調も、楽しい笑顔も昔のまま。今は滋賀エリアでご活躍とのこと、益々のご活躍をお祈りしております。シュークリームご馳走様でした!!!

記事一覧|2006年9月

1ページ (全2ページ中)