今日の現場から

計画停電:本日の東京事情

2011/03/14(月) 日々の出来事

12:55 

東京のディレクターから、貴重な情報が届きましたので

お知らせします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、こちらの状況です。
お急ぎの節はスルーしてください。


首都圏は、直接の地震被害に遭わなかったエリアも
今日からの計画停電で何かと混乱しています。

企業活動に携わっている方々はさぞかし、と想像します。

なにしろ急に決まった停電の初日なので、
電鉄会社をはじめ対応する側も大変そうです。
遠くから都心に通勤・通学している人の多くは
休みを取っているのではないでしょうか。


個人で動いている私は基本的に何も問題なのですが、それでも
起きるかもしれない停電の影響による電車の間引き運転や運休、
集合住宅の断水の可能性…というだけで
予想外に心の準備をすることに気づきます。

日常生活で、こんなに電気に依存していたとは…という感じです。

些末なことでは、キッチンでもティファールや電子レンジ、
電気のオーブンなどは封印し、ガスオンリーで食事の準備をしています。

今日は、実際には「結局、停電せずに済んだ」という可能性も大なので
すが、東電もあたふたしているので情報の確定が遅れがちです。
言い換えると、ギリギリまで停電しない可能性を探って
頑張ってくれているのでしょう。

ここまでの状態になると、私たちのように無傷の立場であれば、
文句を言ったり嘆いたりするのではなく、
むしろ「いま自分でできることを工夫してやろう」という気持ちに
なれるような気がします。

今のところ停電は実施されていないので、
たぶん企業でも家庭でも、皆が少しずつ節電しているのでしょう。
これって、けっこう素晴らしいことと思います。
ただ、少しでも安心して「なら、ちょっと使ってしまってもいいかな」
などと思うと、すぐオーバーしてしまうのでしょうね。
難しいところです。

以上、とりとめもなく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

守山さん、貴重な情報をありがとうございます!

 

記事一覧

1ページ (全103ページ中)