今日の現場から

憧れの平泉・中尊寺へ

2006/10/14(土) 取材レポート
昨年のNHK大河ドラマに、生まれて初めてしっかりはまってしまったことを\r
以前、日記でもお伝えしました。昨夏は家族で鞍馬山ハイキングに出かけたほどです。

もう一つ、機会があれば行って見たい土地が出来ました。
それが岩手県は奥州平泉!

株式会社ゆい工房様の川原社長より、「せっかく来るんだったら平泉まで足を伸ばせば?」の
飛び上がるほどうれしいお言葉に甘えて、行ってきました。義経が最期の時を迎えた地、藤原氏が築いた黄金の地!

讃衡蔵(さんこうぞう)に一歩入ると迫力の阿弥陀如来座像と薬師如来座像2体が。仏像を見たのは、小・中学校の遠足以来だと思います。仏像を見て、泣きそうになったのは初めてです。理由は分かりません。年をとったのだと思います(涙)

平和を願った清衡の遺体が安置されていたひつぎや、枕を始め、藤原三代の遺体調査時の記録や副葬品。永い永い時を経て今、目の前にあることが衝撃的でした。

弁慶堂で弁慶像を拝むことができました。

川原社長、素晴らしい1日をありがとうございました!

※写真上は中尊寺金色堂の前で川原社長とパチリ。写真下は写真撮影不可の弁慶堂前でギリギリの1ショット。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)