今日の現場から

時代祭

2006/10/22(日) 京都の文化
京都生まれの京都育ちですが、今日、生まれて初めて時代祭を見に行って来ました。
それも観覧指定席予約済み!妹が早くから手配してくれたのです。

当日は晴天でさわやかな風のとてもいいお天気でした。御所の観覧席は見渡す限り、ご年配の方たち&外国の人たち。
これから日本を背負っていかなければならない若い人たちが、もっと日本の行事に、歴史に関心をもたなければ・・・・と感じた2時間でした。

明治維新の維新勤王隊列、西郷吉之助・坂本龍馬・中岡慎太郎の行進を目の前にした時、
「この人たちがいたから、今の日本があるんやで。」と力説する妹と真剣に聞いている息子の姿を見て感動しました。私ももっと日本のこと、勉強しなくちゃ!

私が注目したのはなんといっても義経の母・常盤御前(写真上)と義経の愛妾・静御前(写真下)。2人ともとても美しい女性でした!

記事一覧

1ページ (全102ページ中)