今日の現場から

念願の海老蔵さん、玉三郎さん。

2010/09/26(日) 京都の文化

京都、南座。

今日は、待ちに待った歌舞伎 鑑賞の日。

歌舞伎の三大名作「義経千本桜」で、忠信役は市川海老蔵、そして静御前は坂東玉三郎。

2010年6月におこなわれたロンドン公演の凱旋公演です。

今回は、幕間に花萬さんでお食事を予約。さあ、25分で楽しめるのでしょうか?

テーブルに完璧にセッティングされていたお料理は、とっても食欲をそそる眺め。

着席してからお出汁を入れてもらった、あったか~い椀物のお味が忘れられません!

食事時間、正味20分弱。

慌てなくてもちょうど良い量、でも十分な満足感、そしてとっても美味でした。

よくできているなぁと感動しました。

海老蔵さんのお家芸、「にらみ」を前から4列目で拝見できて、幸せでした。

玉三郎さんの色気がもっともっとわかる大人の女性になりたいです。

涙したのは、壱太郎さんの静御前。

そして。美しい着物姿で終始にこやかにほほ笑む、

海老蔵夫人・真央さんを真近で拝見できて、すっごく得した気分の1日でした!

記事一覧

1ページ (全102ページ中)