今日の現場から

卒業式

2011/03/19(土) 私の相棒♪

約2時間30分。

先生のお言葉をお借りすると

「最近例をみない長時間の」卒業式でした。

クライマックスは

指揮者が突然、保護者席通路に走って立ち、

「まわれ、右」の合図で

今まで背を向けていた保護者席に

3年生がいっせいに顔を向け始まった、大合唱「旅立ちの日に」。

 

サプライズから始まった合唱は、 

すごく大きな声で・・だけではなく、

すごく上手・・・だけでもなく、

ちょっと言葉に表せない・・・感動の歌声でした。

 

拍手で生徒退場を送った後、学年主任の先生から

「最後の練習の際、子どもたちに言いました。

“(卒業式に)来て下さった方たちを、泣かせよう!”と。

どうでしたか、素晴らしかったでしょう?」

 

私も含め、大きくうなづく保護者たち。

 

教室で東日本大震災で被災された方たちを想い

黙とうしてから卒業式にのぞんだという、子どもたち。

 

素晴らしい卒業式をしていただいたことへの

感謝の心がこもった歌声でした。

 

あと20日間で高校生。

これからの人生を左右する、多くの経験をするだろう、

 大切な時間に突入です。

 

副教頭先生から素敵なお言葉をいただきました。

 

「お父さん、お母さんの職業観、人生観を

たくさん話してあげてください。」

 

大切なことだと思います。

親も、身が引き締まります!

 

記事一覧

1ページ (全102ページ中)