今日の現場から

フィレンツェに行ってきました

2014/01/04(土) 旅日記

2014年を迎える年末年始は、
ヨーロッパに旅行に行きたいと3年前から夢みていました。

でもいざ決定時期になると
なんとなく決めるのが億劫になっている自分がいてびっくり。

ヨーロッパっていったって、どこに行く?から始まって、
いつ出発する?ホテルのランクは?etc、etc。
決めることがいっぱい。私が決めたからと言って
空き状況や予算とあわなくて、また振出しに戻ったり。

挙句の果てに、予約してしまって仕事がきっちり片付かなかったらどうしよう、
飛行機、大丈夫(墜ちないかな)かな・・・なんてことまで思ったり。 

そんな時に出会ったのが、サン工業川上社長のブログでした。

「多少無理をしても、またお金や時間をかけても新たな感動に出会える瞬間を求める行動が大切だと思います。」

その通りだと思いました。夢見ていたことをいざ実行するのに
邪魔していた様々な思いや迷いが吹き飛びました。


伊丹から成田への道中。飛行機に乗ったら、こんな素晴らしい景色に
出会うことができました。 


チューリッヒからフィレンツェへ。
梯子で乗る飛行機は何十年ぶりでしょう。
ニューヨーク行きでした。あの時の怖い記憶が瞬時に蘇り・・・。
案の定激しく揺れて恐怖~!
まるでジェットコースターに乗っているかのように
キャーキャー笑い転げる前席の子供たちに気が入ったので少し救われました。
飛行機に乗るとこんな刺激的な体験も避けられません(>_<) 
 


そして、無事に19時フィレンツェに到着。
ホテルに荷物を置き、すぐに街歩きへ。
ドゥオモを見た時の感動は、一生忘れません。
フィレンツェを選んで良かった。 
 


元旦には、ユーロスターに乗ってローマにも行ってきました。
そこそこ「用意周到」であることを自負する私ですが、
情報収集が甘かった・・と思うことがこの旅しきり。

電車のチケット、自動販売機もチャレンジしましたが
どうしても席がバラバラになってしまう為、窓口へ。
通じるかな・・・
大丈夫!そう、あの早紀ちゃんだって買ってるんだからチャレンジ! 


イタリアと言えば大好きなイタリア料理。
トスカーナ名物「ビステッカアッラフィオレンティーナ」と
とびっきり美味しいリゾットを食べたい。
目的、達成!


フィレツェと言えば、芸術の都。街全体が世界遺産。
メディチ家のお勉強、少しだけして行きました。

初日一番に行ったのは、アカデミア美術館。
ミケランジェロ「タビデ像」からなかなか離れられませんでした。

最終日のメインイベントにとっておいたのは、ウッフィツィ美術館。
せっかくの機会を十分堪能したくて事前にガイドさんも手配しました。

3時間ずっとメディチ家やミケランジェロ、ボッティチェッリ、
ルネッサンスについて興味深いお話を語り続けて下さったガイドの小泉さん。
目の前の素晴らしい彫刻や絵画を心で観ることができました。

上の写真はシニョリーア広場にある、ミケランジェロのいたずらと
言われている人の顔。後ろ向きでしかも左手で退屈しのぎに掘った
いたずら書きとか。

新市場にあるブロンズの猪にも連れて行ってもらいました。
猪の鼻をなでて、コインが無事、猪の口から穴へ入ったら
またフィレンツェに来ることができるとか。

こんなガイドブックには
載っていない
おもしろ観光ポイントも案内してもらい、
小泉さんのお陰で
フィレンツェの芸術をとても身近に感じる
ことができました。 

 


あー名残惜しい、フィレンツェ。
また必ず訪れます! 

記事一覧

1ページ (全102ページ中)