今日の現場から

【Salesforce World Tour Tokyo 2016】

2016/12/13(火) 日々の出来事

【Salesforce World Tour Tokyo 2016】

派手で、華やかで、明るくて、思わず笑顔になる、これこそザ・アメリカのお祭り?!と感じたイベントでした。

テーマは“Our Path Together ――ともに進む。ともに目指す。”

テーマの通り、Salesforceの描く将来のビジョン、数々の革新的な新製品の発表や紹介がありました。もちろん製品の展示ブースが半分を占めていましたが、講演ブースが圧巻。講演、いえ、これはもうショー、エンターテイメントでした。

米国セールスフォース・ドットコムから来日された方々は、会場を歩きまわりながら講演されました。「うわっ、TEDみたい!」大興奮です。スペシャルセッションが始まるのを待っていたら、突然美しい美女がヴァイオリンを携えて登場。それが、川井郁子さんだなんて、誰が想像できるでしょう!

 

どこからどうみても、大変な経費がかけられたイベントでした。でも「頑張るゾ。」と思って帰路に着いた私。ユーザーのテンションをあげること、ユーザーのやる気を思いださせること。すごく大切でとても重要なことを学んだ1日でした。

 

スペシャルセッションのゲストですが。なんとまたまた志学館大学副学長・吉田沙保里さんと栄和人監督でした。司会はフリーアナウンサーの久保純子さんです。テーマは、「情熱、リーダーシップ、人材育成」。所要時間の8割を栄監督がお話になりました。うふふ。

 

場に集まった聴衆がほぼ黒一色のビジネスマンで、テーマがぴったりだったせいか、はたまた久保純子さんの存在感と、控え目なのに良いタイミングで言葉をはさむプロの技の魅力のせいか。前回とは全く違う印象で、お話にどっぷり引き込まれました。

 

最後に「ほとんど監督が話しましたけどね。」と前回はなかった吉田選手からの愛の一言が(笑)。間近でお会いした吉田さんは、ヘアメイクばっちりで、ルブタンのスタッズがキラキラ輝いていた、とても女子力の高い素敵な女性でした。

 スマホで写真撮影・録音しないで。などとうるさいことが全くなかったイベント。正にアメリカ!!

記事一覧

1ページ (全102ページ中)