今日の現場から

働く喜び、豊かな人生③

2012/07/15(日) 日々の出来事

 

宴もたけなわ。

サン工業奮闘記をたくさんお聞きしました。

 

 

「社長はね。“優しい雨”を降らせてくれるの。会長には全然そう思わなかったけれど、社長には

時々優しい雨を降らせて欲しいなぁって思うのよ。社員の女の子たちもそう思ってるんじゃな~い?」

     

「私はこう思うんですけどって言うと、“社長は俺だ、黙っとれ!!!”って会長に言われたわね(笑)。

あるときふっと、社長の言うことが正しいかもしれないと思った瞬間があって。それからは口で言わずに

“私はこう思うんですけど”って。それでも紙に書いて渡したりして(大笑)。」

 

 すべてのエピソードに愛があふれていました。

 赤尾相談役は、にこにこ穏やかでお優しい方です。

 これは基本、誰でもわかること。

 

赤尾相談役は、会社の誰よりもハキハキ話し、キビキビ動かれます。

 会社での赤尾相談役に触れないと、わからないこと。

 

赤尾相談役は、仕事に対してとても厳しい方です。

 車中での何気ない会話や、スタッフさんから電話がかかってきた時の対応をきいて、私が感じました。

 もちろん叱ったり、強い言葉だったりでは全然ありません。ふつうの優しい会話。

 

だから、すごいんです。それを感じられたことが、一番うれしかった。

 

 

川上社長がブログ「至福の時」で次のように書いてくださいました。

 

「印象深かったのは、そうした場でしか語り合えない貴重な空間を共有出来たことです。
発注者vs受注者の関係でない、純粋なパートナーとしての本音の話が出来たことが何より嬉しかったのです。」

 

元気100倍、勇気100倍をいただいた、駒ヶ根の夜でした。

記事一覧

1ページ (全102ページ中)