ホームページの効果

問い合わせ月5件から35件に増加 取り組み1年の成果

岡山県・A社様

WEBからの問い合わせが
毎月5件だった工務店が、
1年後、35件獲得できるように。
どんなことに取り組まれたのでしょうか。

 

今まではsuumoからの集客が主体で、自社で積極的なWEB発信を行ってこなかったA社様。

「WEB集客改革を!」とのことで2018年1月にWEBマーケティング戦略をスタートされました。

まず最初に取り組まれたのが、ビジュアルコミュニケーションを軸とした集客施策強化。

  • インスタグラム
  • ピンタレスト

をツールとして選択。ここでの拡散力を強化するために、まずはホームページの施工写真充実に着手されました。

 

ピンタレストの着手

ホームページの施工写真充実を行った後、それらの写真をすべてピンタレストに登録。

コツコツと登録した写真は866ピン49ボードにのぼります。

最初はじわじわとだったピンタレストの成果も3か月後の4月には集客2,000人/月を達成。

その後も爆発的に増加しています。

2019年1月は4,661セッションがピンタレストから流入。内2,771人が。初めてホームページにやってきた新規ユーザーという結果に。

今まで自社に訪れたことが無かったお客様が2,771人、WEB上の店舗に訪れたということですからその力は絶大です。

しかもこれらの活動には1円も費用をかけずに、です。

 

もちろん集客だけでなく、問い合わせにも大きく貢献しました。

ピンタレストからは月平均6.5件の問い合わせを獲得しています。

 

インスタグラム

インスタグラムはフォロワー数約25,000人

非常に多くの工務店アカウントが存在し競争が激化しているインスタグラムでは、”今までどおり”の運営では成果が出なくなりました。

広告出稿や動画の活用、プロフィール画面からサイトへの流入戦略や流入のための別アカウント運営、他サービスとの連動など、一歩先に進んだ運営が成果を生んでいます。

もちろんA社でも継続的にインスタからの問い合わせを獲得。昨年の第四四半期はインスタグラムから月平均5.2件の問い合わせを獲得しました。

 

WEB広告

工務店業界では、WEB広告=お金がかかる、と思われ敬遠される経営者も多いですが、広告を使うor使わないはもはや議論の余地が無いほど、当たり前になってきています。

こちらの工務店でも特にディスプレイ広告の運用に着手。着実に集客に成果をもたらしています。

インスタグラム広告の出稿も継続的に行っており、1回につき約3万円程度の予算で運用しておられます。

 

 

チャット

2018年11月にはWEBサイトにチャットボットを設置。

チャットボット設置後わずか1か月で、

  • 来場予約 1件
  • 資料請求 5件

をチャットボットにあるフォームから獲得しました。

わざわざ資料請求ページにいかずとも、画面上に出ているチャットで気軽に問い合わせができる仕掛けは、チャットを当たり前に使う今の時代、必要なアイテムでしょう。

 

 

WEB担当者とゴデスクリエイトとの取り組み

すべての取り組みを30代の男性営業社員が担当。

ゴデスクリエイトの

を導入されています。

 

ピンタレストで成果を出すためには、リッチピン設定やドメイン認証、写真のピンボタンなど、ホームページがあらかじめ対応しているべきことがあります。それらの機能が搭載されているホームページを使ってピンタレストを運営しないと、せっかくの運営も無駄に終わってしまいかねません。

A工務店様には最初からすべての機能が搭載されたホームページシステムをお使いいただけたことで、このスピード感が実現したともいえるでしょう。

 

 

必要なのは時代にあったシステム。工務店のためのホームページ構築はこちらからご覧ください。

 

戦う力のために必要な、学び。全てを学んでいただける講座も人気です。

WEB担当者2日間集中養成講座 2019年11月7,8日

LINE、インスタグラム、ピンタレスト、データ活用、SEO、コンテンツの考え方など、必要なことをまとめてしっかり学べる集中講座です。

詳細・お申込みはこちらから

 

 

 

無料相談受付中! お気軽にお問い合わせください

 

 

関連するおすすめの記事