住宅会社向け集客ブログ

インスタ&LINEが営業を変える

2018年度の契約者を調査したところ、N社様でこんな結果がでました。

 

 

インスタ、LINEでつながっていた見込み客は、そうでない方に比べて、
初回来場から契約までの期間が、2か月短い

 

インスタ、LINEで情報を受け取っていた方の契約までの平均日数は 207日

受け取っていなかった方の契約までの平均日数は 273日

 

その差はなんと66日

 

 

 

  • インスタを開くと、気になっている工務店の施工写真が毎日届く
  • 気になるお知らせや情報が、定期的にLINEで届く
  • 気軽に、LINEやインスタDMで質問できる

 

自らホームページを開いて情報を探さなくても、プライベートで利用するものに、勝手に情報がやってくるのが、インスタとLINEの特徴です。

 

 

 

見込み客が工務店を比較検討している期間、つまり営業活動中は、

  • 他社よりも自社のことをひとつでも多く知ってもらいたい
  • 他社よりも1分でも長く自社とつながってもらいたい
  • 他社のことを考える時間を与えたくない
  • 見込み客の日常に自然に情報を届け、自社を思い出してもらいたい

といった気持ちがあると思います。

 

 

インスタやLINEは、お客様と快適な状態でつながり続けることができるツール

契約までの日数が短くなるほど、営業活動を助けてくれるツール

 

なのです。

 

 

 

 

見込み客とのつながり方は変わった。本気でそう思えていますか?

 

見込み客には、1日でも早く契約して欲しいものですが、その後押しにインスタやLINEは間違いなく貢献することがお分かりいただけたと思うのですが、このために必要な1つの条件があります。

それは、経営者が、インスタやLINEで見込み客とつながる価値を本気で理解していることです。

 

SNSは「集客」の側面での認識が強く、「顕在化した見込み客に対する営業」としての理解はそれほど進んでいません。

見込み客とのつながり方が変わったことを理解し、WEB担当者だけでなく、会社全体を巻き込んで営業活動に使う。

そうすれば、営業現場で「LINEの友だちに追加してくださいね」という声かけが、積極的に生まれていくでしょう。

 

 

「インスタやLINEでつながっている見込み客は、契約までの日数が2か月短い」このようなデータを自社で取得することも、会社全体を巻き込むためにWEB担当者は行ったほうが良いかもしれませんね。

どのような項目を押さえておくと良いか、データのフォーマットもお渡しできますので、仰ってくださいませ。

 

 

ゴデスクリエイトにも、公式アカウントがあります。

  

わざわざホームページを検索しなくても、旬の情報を入手していただけます。

ぜひ、お友だち登録してくださいませ。

 

 

インスタやLINE、WEB運営など、工務店経営に必要な知識を集中して学んでいただける人気講座も、ご活用ください。

 

関連するおすすめの記事