舘川貴之 GoddessCreate

チャットGPT有料と無料の違い

公開日:2024/05/16(木) 更新日:2024/05/16(木) 全て

チャットGPT有料無料の違い


チャットGPT・有料と無料の違い

モデルのサイズ

無料版 (ChatGPT-3.5):約1750億のパラメータ

有料版 (ChatGPT-4):約1兆のパラメータ(正確な数は公開されていない)

言語理解

無料版 (ChatGPT-3.5):高度な理解と文脈把握

有料版 (ChatGPT-4):GPT-3.5よりも高度な理解とより正確な文脈把握  

マルチモーダル機能

無料版 (ChatGPT-3.5):なし

有料版 (ChatGPT-4):画像入力や他のモーダルへの対応が可能

論理的思考と問題解決

無料版 (ChatGPT-3.5):複雑な問題に対して高い能力

有料版 (ChatGPT-4):GPT-3.5を上回る複雑な問題解決能力とより洗練された推論

言語の多様性

無料版 (ChatGPT-3.5):多言語対応だが、一部の言語で限定的

有料版 (ChatGPT-4):より広範な言語に対する理解と改善された多言語対応

ファインチューニング

無料版 (ChatGPT-3.5):一般的な用途に最適化

有料版 (ChatGPT-4):特定のタスクや用途に合わせてさらに最適化されたバージョン

UIとUX

無料版 (ChatGPT-3.5):高度だが、一部制限あり

有料版 (ChatGPT-4):よりインタラクティブで直感的なユーザーインタフェースとエクスペリエンス

知識の最新性

無料版 (ChatGPT-3.5):2021年末までの情報

有料版 (ChatGPT-4):2023年初めまでの情報

WEB検索の能力

無料版 (ChatGPT-3.5):直接的なWEB検索機能なし 

有料版 (ChatGPT-4):特定の状況下での限定的な情報取得機能が実験的にテストされる

使用例と応用範囲

無料版 (ChatGPT-3.5):広範囲にわたるが、特定の複雑なタスクには限界

有料版 (ChatGPT-4):より広範囲のタスクに適用可能で、より高度な応用が期待される

メモリ容量

無料版 (ChatGPT-3.5):約8,000語までの短期メモリ

有料版 (ChatGPT-4):約64,000語までの短期メモリ


有料版のメリットは?

1. モデルのサイズとパフォーマンス

有料版のGPT-4は、無料版のGPT-3.5よりも多くのパラメータを持ち、より高度な理解と文脈把握が可能です。

2. マルチモーダル機能

有料版では、画像入力に対応しており、テキストだけでなく画像も処理できます。

施工事例写真の説明文章を作成してもらうことも可能になります。

3. メモリとコンテキストウィンドウ

有料版は、無料版に比べて長い対話や複雑なタスクに対応できるように、より大きなメモリ容量とコンテキストウィンドウを持っています。

4. 知識の最新性とWEB検索

有料版では、特定の状況下でリアルタイムのインターネットアクセスが可能で、最新の情報を提供できます。

5. 使用例と応用範囲

有料版は、より広範なタスクに適用可能で、医療、金融、教育などの様々な分野での利用が進んでいます

これにより、有料版は無料版よりも多機能であり、複雑なタスクにも対応可能です。


まとめ

有料版は無料版と違って、より多くのパラメータを持ち、理解力と文脈把握が向上しており、画像入力にも対応できます。また、長い対話や複雑なタスクに対応するための大きなメモリ容量とコンテキストウィンドウを備えており、リアルタイムのインターネットアクセスが可能で最新の情報を提供できます。これにより、有料版は無料版よりも多機能で複雑なタスクに対応可能です​ 

 

 

お悩みの方はご相談ください

WEBマーケティングの無料お悩み相談会

その他のブログを読む

最新WEBマーケティングブログを読む

 

 

 

 

住宅会社向けのサービス

 

工務店のホームページ

リフォーム会社のホームページ

データ活用レポート

WEBマーケティング自立支援

 

 

 

 

 

1ページ (全23ページ中)