上田一真 GoddessCreate

住宅会社のイベント申込みが直前化!

公開日:2024/04/24(水) 更新日:2024/04/24(水) 全て戦略

完成見学会/モデルハウス見学/ショールーム見学/家づくり相談会/リフォーム相談会 etc…

住宅会社のイベント申込みが「直前化」しています!

つまり、開催の2日前や前日、ときには当日にも申込みが入るということ。そのような現状に、住宅会社はどうやって対応していけばいいのでしょうか?

この記事では、実際の事例とその対応策について見ていきます。

 

INDEX


 

 

 

事例①開催前日の21:41に申込み


ショールームのイメージ画像

埼玉県のリフォーム会社様が、体感型のショールームイベントを開催。

その開催前日の21時41分に、お申込みがありました。

 

 

事例②開催前日の22:47に申込み


モデルハウスのイメージ画像

栃木県の工務店様が、モデルハウスの見学会を開催。

その開催前日の22時47分に、お申込みがありました。

イベント自体は「モデルハウスナイトツアー」ということで日が落ちてからの開催ですが、開催まで24時間を切ってからのお申込み。最後まで何があるか分かりません。

 

 

事例③開催当日の9:24に申込み


完成見学会のイメージ画像

京都府の工務店様が、金土日の3日間で完成見学会を開催。

開催2日目の土曜日、朝の9時24分に「その日の午後に参加したい」という旨のお申込みがありました。

開催当日の朝までインスタ投稿を続け、最後まで集客活動を続けられたことが実を結びました。

 

 

対策は「ギリギリまで粘る!」


お申込みが直前化しているのであれば、住宅会社様側は集客活動をギリギリまで粘ることが大切です。

「もうイベント開催が迫っているし、もうあとは待つだけだな…」

ということではありません!

開催が迫っているからこそ、やる!

インスタを投稿する/公式LINEを配信する/リストメールを配信する

ギリギリまで粘って、出来ることはすべてやる。これが大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

お悩みの方はご相談ください

WEBマーケティングの無料お悩み相談会

その他のブログを読む

最新WEBマーケティングブログを読む

 

 

 

 

住宅会社向けのサービス

 

工務店のホームページ

リフォーム会社のホームページ

データ活用レポート

WEBマーケティング自立支援

 

 

 

 

 

1ページ (全21ページ中)