ゴデスクリエイトブログ

GoddessCreate 自己紹介へ

工務店のデータドリブン・社内のHPアクセスを除外する

2022/02/08(火) 全て

ホームページは自社で更新必須のものとなりましたが、ただ更新を漫然と継続するだけではなく、きちんと効果計測をすることが重要です。

WEBマーケティングは一部の担当者だけの仕事ではなくなりました。ユーザーはホームページで比較検討しているので、

ホームページで発信をしなければ、対面できる営業の数がどんどん減っていってしまいます。

営業社員や設計・コーディネーター・工務スタッフも含めて、ホームページがお客様に一番向き合える場所、営業の場所と捉えて、今の自分たちの商品や日々の工事への取り組みを発信していくことが必要です。

そこで良く社内で問題になるのが、どのような内容を更新し続ければ良いのかについて。

ホームページでどのコンテンツに注力していくべきか、ホームページ更新だけが業務ではないので、効率よく必要な更新を、時間感覚も意識しながらやっていく必要があります。

営業会議でHPのアクセス状況をきちんと数字で会話するようになってから、社内での意見がまとまりやすくなったと言うお声は、全国の工務店様からお聞きしています。

まずは個々の感覚で意見を述べるのではなく、数字を見るところから始めなければなりません。

ですが、これまでご相談いただいたケースで非常に多いのが、社員のホームページアクセスをきちんと省いて集計ができていないと言う問題です。

これだと、せっかく会議で数字を共有しても、「これって更新した社員も確認のために見てますからね」

の一言で終わってしまいます。

制作会社から、固定のIPアドレスがないと省けないと言われてしまった、方法がわからない、といった理由でそのままの状態にされていませんか?

効果計測ができなければ、社内の方針もまとまりませんし、更新も結果的に続いていかないと思います。

このような状況でお悩みの住宅会社様、よろしければ一度ご相談ください。

自社の状況について相談する

記事一覧

1ページ (全7ページ中)