ゴデスクリエイトブログ

GoddessCreate 自己紹介へ

YouTubeインストリーム広告はスキップ出来た方が良い?

2022/03/09(水) 全て

YouTube広告を自社で設定・運用されている工務店が増加しています。

動画の撮影・編集・広告設定まで、全て社内で設定されている会社も多いです。

YouTube広告はGoogle広告の管理画面から配信可能で、予算も1日数百円からでも始められるので、地域を絞って見込みユーザーだけに届けていかれてはいかがでしょうか?

YouTube広告には様々なパターンがあり、見たい動画の再生前や再生途中に広告が表示されたり、YouTubeで検索した際に広告が表示されたりしますね。 

他にも細かいフォーマットはたくさんありますが、YouTube広告で最も代表的なものは「見たい動画の再生前や再生途中に流れる広告」で最もユーザーが目にする機会が多いものです。

これをYouTubeインストリーム広告といいます。

YouTubeインストリーム広告の設定で、動画再生開始後5秒でスキップできるようにするか、スキップ無しで強制的に最後まで見せるか、どちらが良いかのご相談がよくあります。

どのような戦略で見せるかによって変わるものではありますが、一般的には 、ユーザーがスキップを選択できるようにされた方が良いです。

会社目線では内容を全て見て欲しい気持ちは当然ありますが、ユーザ視点に立つと「強制的に広告を見せられた」と言うマイナスの印象が残りかねないからです。

興味を示してくれるユーザーは、自然と見たいと思って最後まで広告を再生してくれるものです。「ユーザーが選択できる、」が重要です。

YouTube広告について、他にも細かく考え方を理解し取り組んでいければ、集客の武器になります。

効果的な運用につなげるために、個別のWEBコンサルティング、サポート体制もございますのでどうぞお気軽にご相談下さい。

WEBマーケティング自立支援について詳しく

記事一覧

1ページ (全7ページ中)