舘川貴之 GoddessCreate

会社のHP・デザイン検討の新視点

公開日:2024/05/02(木) 更新日:2024/05/07(火) 全て

会社HPデザイン検討の新視点

デジタルの世界は絶えず進化し続けており、特にインターネット業界ではその変化の速度が非常に速いです。

企業のホームページもデジタル環境のトレンドや変化に強く影響を受けており、常に時代に適したデザインへの更新を迫られています。

ホームページのデザインを考える際には、最新のデザイントレンドをしっかりと把握し、

それに基づいて効果的かつ戦略的にアプローチすることが必要となります。

この記事では、スマートフォンを通じてインターネットを利用するユーザーが増えていることや、

高速インターネットによる情報のアクセス速度が向上したことがホームページデザインの要素をどのように変化させているのか、解説していきます。


デザインのトレンドは移り変わる

デザインのトレンドは、時代と共に変化し続けますが、一言にデザインと言っても要素は様々です。

ホームページデザインを司る要素にはどのようなものがあるか、いくつか挙げてみると

サイトのレイアウトデザイン

個々のビジュアルイメージ

フォント

などがあります。

これらの要素が組み合わさりホームページデザインとして形になっていきます。

インターネットテクノロジーや消費者の利用実態とともに、これらデザイントレンドは移り変わってきました。


モバイルファーストが基本

現代では、多くのインターネットユーザーがスマートフォンを主なデバイスとして使用しているため、

モバイルファーストdesignのアプローチが業界標準となっています。

スマートフォンの小さな画面上で内容をいかに効果的に表示するかが、デザイン成功において重要な要因です。

特にビジュアルイメージは、ユーザーの初期印象に強い影響を与えるため、

選りすぐりの高品質な画像や動画を活用することが推奨されています。


ビジュアルコンテンツの進化

通信技術の発展により、以前は表示に時間がかかったビジュアルコンテンツもより早く、より軽く、スムーズに表示されるようになりました。

動画コンテンツは、特にユーザーに強い印象を与える手段として有効であり、

住宅業界においては、完成した住宅の外観や内観を動画で示すことが一般的になっています。

これは、ユーザーにとって非常に魅力的なコンテンツとなっており、サイト訪問者の関心を引きつけるのに役立ちます。

 


ファーストビューの重要性

ホームページのファーストビューは、訪問者に与える第一印象を決定づける重要な要素です。

この部分に動画をフルスクリーンで表示し、視覚的に訴求することによって、訪問者の注意を惹きつけることができます。

さらに、ファーストビューの内容を定期的に更新することにより、

今集客したいイベントや見せたい商品のプロモーションを効果的に展開することが可能です。


まとめ

ホームページは単なる情報提供ツール以上の役割を果たします。
それはブランドの顔としての役割も担っており、最新のデザイントレンド・正しい考え方を取り入れて実践する必要があります。
常にユーザーに新鮮な印象を提供し、企業のオンラインプレゼンスの強化につながります。
この観点から、ユーザーに求められている期待に応え、価値を提供することができるホームページデザインの設計を目指しましょう。

 

 

お悩みの方はご相談ください

WEBマーケティングの無料お悩み相談会

その他のブログを読む

最新WEBマーケティングブログを読む

 

 

 

 

住宅会社向けのサービス

 

工務店のホームページ

リフォーム会社のホームページ

データ活用レポート

WEBマーケティング自立支援

 

 

 

 

 

1ページ (全23ページ中)