舘川貴之 GoddessCreate

不動産広告の2024年・なぜ今WEB広告?

公開日:2024/05/23(木) 更新日:2024/05/23(木) 全て

不動産広告2024年・なぜ今WEB広告?

かつて、不動産広告の主流は紙媒体でした。

時代は変わり、今やWEB広告が主流となっています。本記事では、不動産広告における紙媒体とWEB広告の費用対効果を比較し

2024年版WEB広告の優位性や具体的な実践方法を解説します。

自社の広告戦略をアップデートするヒントになれば幸いです。


広告媒体の変遷

不動産広告の世界では、紙媒体からWEB広告への移行が進んでいます。

紙媒体での問い合わせ獲得単価は10万円以上かかることが多いのに対し、

WEB広告では5千円から5万円と、圧倒的に費用対効果が高いです。


WEB広告の優位性

現代の住宅購入層はチラシではなく、スマホで情報収集をしています。

特にSNS広告は、顧客の日常生活に直接届けることができるため、反響につながりやすいです。


SNSの中ではインスタグラムNo.1

SNSの中ではインスタグラムのパフォーマンスが最も高く、広告配信でも最も来場を取れている媒体です。

全国のクライアント聞き取り調査結果では、見込み客の情報収集ツールでインスタグラムが圧倒的多数でした。


インスタグラム広告の実践方法

これからWEB広告を始めるなら、まずはインスタグラム広告から取り組まれることを推奨します。

広告配信には、イベントが有効です。

特に、完成見学会イベント開催時での広告配信が申し込み獲得に効果的です。

配信期間は1週間から2週間、期間の根拠の1つに、AIの機械学習完了までの期間を考慮して、配信期間を短すぎないようにするという考え方があります。


顧客の行動変化

さらに、顧客の行動変化にも注目します。

近年、顧客の参加申し込み行動は開催直前に偏る傾向があります。

いつでも情報入手できるため、顧客は何週間も先の申し込みを避け、直近の情報収集をする傾向があります。


不動産WEB広告の成功ポイント

高いパフォーマンスを出すためには、広告配信のタイミングを考慮することが重要です。

学習精度を上げつつ、顧客が動くタイミングを見計らって広告を配信することで、成果を出すことができます。


不動産業界の現状と課題

不動産業界では、かつての紙媒体での成功体験が尾を引き、オフライン施策からオンライン施策へのシフトが進んでいない現状があります。

全国の不動産会社からは、組織を変える難しさや、新しい方法に挑戦することへの不安の声が多く寄せられています。


行動の重要性

マーケティングの変化は凄まじく、手遅れになる前に行動することが重要です。

WEBマーケティングが最も効果的な営業戦略であることは明白で、数字でもはっきりと示されています。

選択肢は行動するかしないかの2つしかありません。


サポートの提供

当社は、全国の不動産会社様の新たな挑戦を日々サポートしています。

だからこそ、御社の新たな挑戦をサポートさせていただけると私たちは自信を持っています。

この機会にぜひ、お気軽にご相談いただけたらと思います。


まとめ

変化への挑戦は、どんな企業にも難しいことです。
しかし、WEBマーケティングの効果は明白で、行動する価値があります。
私たちと一緒に、新しい広告戦略を実践し、成果を出していきましょう。

 

 

お悩みの方はご相談ください

WEBマーケティングの無料お悩み相談会

その他のブログを読む

最新WEBマーケティングブログを読む

 

 

 

 

住宅会社向けのサービス

 

工務店のホームページ

リフォーム会社のホームページ

データ活用レポート

WEBマーケティング自立支援

 

 

 

 

 

1ページ (全23ページ中)