ゴデスクリエイトの素
シニアコンサルタント・上田かおり

制作をする上で大切なこと

2011/10/29(土) こぼれ話

新しいページを作るのにも、今あるページを修正するのにも、共通して大事なことがある。

それは、

「どんな状況があって、どんな思いがあって、何のために、何を叶えるために(解決するために)、この制作を行うのか」

を理解すること。

「ここにボタンをつけて」

というのは事象であって、本来叶えたいことはボタンを付けることではなく、資料請求を増やすことだったり、更新情報を一目で伝えるためだったりする。

 

お客様から依頼を受けた人は、制作をするスタッフに、この話をしっかりと伝えられなければならない。

制作をするスタッフは、依頼を受けた人から、しっかりとこの内容を聞かなければならない。

 

忙しいから、端的に話をする。

それももちろん大事。

でも、意図を中途半端にしか理解せず進めたら、結局、何度も修正が入って時間がかかる。

 

大切なことは、戦略。

 

ここがゴデスクリエイトの命。

記事一覧|2011年10月

1ページ (全2ページ中)