ゴデスクリエイトの素
シニアコンサルタント・上田かおり

音楽・ソプラノリサイタル

今日は母の日。

京都コンサートホール 大ホールにて「母の日」ハートフルコンサートとして、オペラ歌手「森麻季」さんのソプラノリサイタルが催されました。

多くのコンクールで受賞、そして世界のオペラなどの舞台で活躍しておられる森麻希さん。
それだけでもすごいのに、オリンピック団結式やメジャーリーグ開幕戦で国歌斉唱も行われた方。
(写真横のプロフィールの多さも圧倒的!)

そして、この美貌。

天は二物も三物も与えられたのではないでしょうか。

今日は、そんな方の歌声が、聴けるだなんて。



石川啄木や北原白秋の詩を歌にした「初恋」や「からたちの花」。
ドイツの作曲家カール・オルフの代表作「カルミナ・ブラーナ」の「少女が立っていた」。

初めて聴いたものもたくさん。

でも、森麻季さんの透きとおる歌声が、私の心に本当にぐさっと入り込んできて、約2時間あっという間に過ぎて行きました。
本当にあっという間で、びっくりでした。

そして、アンコール。

1曲目は、プッチーニの喜劇オペラ、「ジャンニ・スキッキ」の劇中歌、「私のお父さん」。
誰でも知っているだろうこの有名曲。

もう、鳥肌!

2曲目は同じくプッチーニの「ラ・ボエーム」の「ムゼッタのワルツ」
「私が街を行くと 人々は立ち止まり 私を見つめ
私を包むあらゆる美しさに釘付けになるの」
なんて世の男性を虜にする、ちょっとお茶目な誘惑の歌。

森麻希さん、これを、オペラ調に歌ってくださったんです。

もう、しびれる!!


とっても素敵な一日でした。


ところでこの「母の日ハートフルコンサート」

毎年行われているのですが、協賛が私の友人のお父様の会社である「村山造酢株式会社」。

お嬢さんの直ちゃんが、お誘いくださったので、とてもいい席でこんな素敵な一日を楽しませていただくことができました。

しかも。

特別に、楽屋にも入らせていただき、写真も一緒に撮っていただいたのです。

直ちゃん、今日は、本当にありがとう!

そしてお母さん、来年は一緒に行こうね☆

記事一覧

1ページ (全210ページ中)