上田かおり 上田かおり

話をするってすごい 吉本から学ぶ?

公開日:2015/06/06(土) 更新日:2015/06/10(水) 休日の過ごし方

京都祇園にある、よしもと祇園花月に行ってきました。

今日はフリートークの企画もの。

メッセンジャー あいはら
シャンプーハット 小出水
チュートリアル 福田
ガリガリガリクソン
中西正男
8.6秒バズーカー

というメンバーでのフリートーク。たくさん笑った1時間30分でした。

 

実は私、脳みそ真っ白にしてとにかく笑いに行こう!と思っていったのですが、いやあ、なんだか違うことも色々考えてしまいました。

 

メッセンジャーあいはらさん、関西での通称ぱらちゃんの頭の回転、どんな話でも膨らますことのできる繋ぎ話術の豊富さ、さらに、変化球で面白く切り返すネタの豊富さ。常にもっているネタと膨らませる話題がありありとみてとれ、そのすごさに見とれてしまいました。

福田や小出水もさすがテレビに出演する実力がおありなんだと思ったのですが、「うわすごい!」と思わされたのが、ガリガリガリクソン。今まで全然好きではありませんでした。ですが「芸人として必ず面白いことで返す」という姿勢が、まあすごい。場を読み、先輩方のトークをしっかり聞き、自身のキャラをこれでもかというくらい理解して、ふられたら切り返す、面白トーク。

ぱらちゃんもガリクソンにふれば、何かしら絶対返してくれる、と思っておられるんだろうなと感じる話の振り方をしておられました。

最若手、今大人気の8.6秒バズーカは残念ながら面白エピソードも話のキレもなし。エピソードが作れないほど毎日過酷な日々を過ごしておられるようでしたが、それでも貪欲にネタを作ってほしいなあ。

 

どれだけネタを蓄えるか、まわりの話から空気を読んでどれだけ話題を膨らませるか、自分のキャラクターを理解しているか、自分が求められていることを理解しているか、そしてこの人ならやってくれると信頼してもらえるように毎日を過ごしているか。

勘違いしたらアカン。

 

吉本をみて笑うつもりだったのに、思わぬ感情。

でも純粋に楽しかったです。

今回のフリートークイベント「悪いWARAI」は12月にもあるらしいので、次回もぜひ行ってみよーっと!

1ページ (全210ページ中)