ロサンゼルスの旅 旅の目的編

公開日:2010/07/01(木) 更新日:2010/07/24(土) 旅行記

少しお休みをいただいて、ロサンゼルスに行ってきました。

なぜロサンゼルスだったかと言いますと。

きっかけをくださったのは、ある歌舞伎役者さんとお食事をご一緒した時のこと。

「7月に1カ月休みをとって、ロサンゼルスとロンドンとパリに行くんだ。ロサンゼルスでは毎日ショーを見て、ロンドンではミュージカルを見て、パリではオペラなんかを見るんだ。特に、ロサンゼルスのショーは、何度も何度も見ているんだけど、毎回涙が出るほど感動する。ぜひ見てみてほしい。」

この一言に心揺さぶられました。

歌舞伎の世界で生まれ、まだ子供だった昭和52年に初舞台を踏んでからずっとその世界で生きてこられたこの方。

「見る人を感動させる。見る人を楽しませる」

そのことをずっと追及して生きてこられた方が、一体どんなショーを見て感動し心揺さぶられるのか。

どうしてもそれが気になって、

「私も、7月に休みとります。ロサンゼルス、行きます!」

そうして始まった、ロサンゼルス旅行。

目的はただひとつ。

「ショーを見ること」

わくわくの旅が始まりました。

 

私にこの機会をくださった、歌舞伎役者さん。
3月の京都南座「三月花形歌舞伎」で、楽屋にご挨拶に行かせていただいた時の写真。

1ページ (全210ページ中)