ページトップへ

2017/10発売バージョンアップ ver.3.0

現在お使いのシステムパッケージをver3.0へバージョンアップすることが可能です。

2016年2月に発売されたver.20以前のシステムをお使いの場合は、ver.2.0から搭載された機能もすべて含まれたものにバージョンアップされます。

2016年2月発売のver.2.0の内容はこちらから

ver.3.0 新機能 2017/10登場

効率アップで作業時間短縮!
編集箇所拡大でゴデスへの依頼いらずに
お客様の使い勝手向上とサイト内誘導を強化 
SEO,スマホ対策も万全

 

費用・スケジュールについてはこちら

 

画像のドラッグ&ドロップ

①インデックス写真など決まったところにアップロードする

インデックス写真やフォトギャラリー写真など、アップロードしたい写真をドラッグ&ドロップすることで自動的にアップロードされるようになりました。

 

②リッチテキストエディタの「写真」ボタンからアップロードする

「画像挿入ボタン」をクリック

 

アップロードするフォルダを選択し、アップロードしたい写真を持っていくことで、自動的にアップロードされます。

 

③リッチテキストエディタに直接入れる

画像を挿入したい場所に、直接画像をドラッグ&ドロップし、アップロードできるようになりました。

 

フリー記述欄にレイアウト見本搭載で更新が簡単に

いつものリッチテキストエディタに「テンプレート」ボタンが登場

クリックすると、パソコンでの表示に最適な組み合わせが表示されます。(スマホではすべて縦一列で表示されます)

これで、作業効率アップ!

 

よく使うコンテンツをテンプレートにして簡単挿入

1.よく使うものをテンプレートとして登録する

 

2.ページ作成時に挿入するテンプレートを選択する

 

3.テンプレート内容がついた状態でページが公開される。

テンプレートを編集すれば、一括で内容が書き換わるので、全ページでのイベント告知も簡単になります!

 

管理画面の検索機能がパワーアップ

全プログラム、今までの年月・状態・カテゴリでの検索に加えて、タイトルとサブタイトルで検索することが可能になりました。

 

デジタルマーケティングに必要なツールを一元管理

管理画面右上に「マーケティングツール」ボタンが登場。

 

クリックすると、管理画面で登録したマーケティングツールが表示され、各画面にリンクします。

 

プログラム管理画面から各ページにいけるので、「URLを知らないから更新できない」「ログイン情報を知らないから更新できない」といったことを防ぐことができます。皆への周知も削減され、WEB担当者の仕事をひとつ減らすことが可能です。

 

管理画面が大幅リニューアル

このような画面構成にリニューアルされました。

Googleアナリティクスやタグマネージャーなど、使い慣れたデジタルマーケティングツールと同じ構成(左に全メニュー等)になっているので、「どこに何があるか」が今まで以上に分かりやすくなりました!

新機能として基本設定が登場。SEOやOGPに関連するメタ情報や、テンプレート管理、会社情報などが入っています。

 

ヘッダー&フッター ロゴ、会社情報も編集可能に

画面上部にある

  • ロゴ
  • 電話番号
  • 受付時間、定休日(パソコンの場合)

や、画面下部にある

  • 会社名
  • 住所
  • 電話番号 など

を編集していただけます。

フッター部分は拠点追加も可能になったので、期間限定の展示場情報なども自由に追加削除いただけます。

 

 

フォーム項目も編集可能に

フォームに関する以下のものを編集していただけるようになりました

  • 項目とその名称
    お名前、住所などの定型文に加えて、土地のありなし、建築時期、など自由に追加削除していただけます。

 

  • 資料請求フォームでは、資料の紹介画像なども自由に追加可能です。

他にも次のようなことが可能です!

  • 自動返信メールを編集する
  • 社内に届くメールアドレスを変更する

 

イベント予約フォームに予約可能時間が設定可能に

「参加日・参加時間」をユーザーが指定する際、予約フォームの「参加日・参加時間」を工務店側があらかじめ設定可能になりました。

 

日、時間ともに、管理画面で設定した日時のみが選択可能状態になります。

 

 

予約を受け付けることができる日時のみを公開することが可能に。1対1でじっくり対応を行いたい場合など、お客様も管理者も便利です。

 

同一カテゴリの別物件への誘導が簡単に

 

 

httpsに対応 Googleが推奨する暗号化を採用

今までも資料請求やお問合せフォームはhttpsに対応したサーバーで運用し暗号化を行ってきましたが、今回のバージョンより、すべてのページをhttpsで公開するようになりました。

これによりGoogleが推奨する環境下での公開となりGoogle検索エンジン対策も狙います。

 

AMP Googleが推奨するスマホで高速で表示される技術を採用

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのものです。

  • スマホでの表示が高速化
  • 検索結果の上位にAMP枠が表示

され、ユーザーのスマホ閲覧を快適に、またGoogle検索結果で上位に表示されより多くの集客が可能になります。

 

 

ver.3.0へのバージョンアップについて

現在お使いいただいているパッケージは、最新のver.3.0へバージョンアップすることが可能です。

2016年2月に発売されたver.2.0以前のシステムをお使いの場合は、ver.2.0から搭載された機能もすべて含まれたものにバージョンアップされます。(2016年2月発売のver.2.0の内容はこちら)

費用・スケジュールやその他については、チャット、お電話またはメールにて担当者までご連絡いただけますと幸いです。

チャットの場合、画面右側にあるボタンより、お気軽にお問合せください。

(ボタンは平日の9~18時に表示されています。)

お電話やフォームでも受け付けております