ページトップへ

工務店の LINE@ 運用

LINE@を2016年から運用されている工務店様。

2017年4月は3回メッセージを配信され、CV経路には2人、LINEからの流入が含まれていました。

内お1人のCV経路はこのようになっていました。

LINEから5回やってきて、直接1回、その後LINEで8回やってきて、直接で2回。

なんと長い。

どんな問合せだろうと調べてみたところ、

  • 初めてのアクセスは2017年1月
  • 問合せは今回が初めて
  • 問合せ内容はイベント参加予約
  • 問合せフォームご本人記載事項によると「何で知ったか?」のアンケートには「知人の紹介」

という方でした。

 

知人から「こういう工務店があるよ」と紹介され、LINEで友達追加。

毎月4回ほど流れてくる工務店からの情報を読み、LINEにあるURLをクリックしホームページを閲覧。

閲覧はするものの3ヶ月間資料請求やイベント参加はせず、LINEで情報収集。

4月に満を持して、イベント参加予約。

 

こんな想像がついたわけですが、これはまさにLINEが構築してくれた関係性ですね。

自然検索やfacebook、Instagramからの流入はこの3か月間ありませんでしたので、「この方の日常的情報収集ツール」であるLINEで情報を発信していたからこそ獲得できた問合せです。

ホームページだけをやっていればよい、ではない理由が、ここからも読み解けます。

 

工務店が運営するLINE@は、リードジェネレーションよりも、リードナーチャリングに向いています。

獲得した問い合わせ者を契約へ導くためのLINE@。

運用しているライバル社が少ない今こそ、取り組むべきではないでしょうか。

 

住宅会社のためのLINE@マーケティング

「そもそも、LINE@とは?」「住宅会社ではどのように運用すればいいのかわからない」そのようなお悩みをお持ちの方必見。

資料ダウンロードはこちらから 

 

 

 

LINE@を活用されるにあたってのご支援を行っています。

LINE@講座

基本機能から運営事例、成功事例などを解説。毎月開催。

詳しくはこちらからご確認ください

 

WEBマーケティング自立支援

住宅会社WEB担当者育成のためのカリキュラム。LINE@のみならず、KGI、KPIの考え方や、Googleアナリティクス、サーチコンソールなどの使い方、WEB改善のための各種考え方や方法を専属担当者が支援します。

詳しくはこちらからご確認ください