ページトップへ

工務店の LINE@ 運用

 

見込み客を育成しランクアップする、LINE@。

20代のコミュニケーション手段はメールが52.4%、LINEが59.4%。10代になるとメールが25.2%、LINEが53.6%。契約に近いお客様と営業社員が個人のLINEでやりとりをする状況は随分以前から始まっていると思いますが、問題なのは見込み客との接点。今、見込み客や潜在顧客との接触ツールとしてLINE@が力を発揮しています。

 

LINE@って?

LINE@は企業が運営できる公式のLINEアカウント。月額800万円以上かかる企業向けLINE公式アカウントではなく、0円から始めることができるのがLINE@です。友だち登録をされたユーザーにメッセージを配信したり、1:1でトークをしたり、ショップカードを作成することが可能です。

  • イベント情報を数日前に配信
  • おすすめ物件情報を配信
  • 1:1トークでの問い合わせ対応とお客様への連絡

などを行っている工務店が多く、友達数が1,000人程度いるところもありますが、50~200人程度というところがほとんどです。

LINE@は友達が自動的に増えていくツールではありません。一度接点を持った人(イベント会場やWEBサイト閲覧)に積極的に声をかけていくことで友達が増えるものです。

 

工務店にとって何が良い?

入手が難しかった顧客名簿を入手できるように

イベントに参加しアンケートに感想を書いてくれても、メールアドレスや住所がわからなければ、後日こちらからアクションを起こすことはできませんでした。メールアドレスや住所を獲得することはとても難しくなかなか集まらないというお声もよくお聞きしていました。

しかしLINE@は、「お客様はLINEで情報を受け取ることができますが、工務店側は、1:1トークを始めないかぎり個人が特定できません。だからしつこい営業は行いません(できません)。お知らせが鬱陶しくなったら簡単にブロックすることもできます」と案内すれば、家を考えている人の多くが友達登録をしてくれるそうです。

見込み薄の潜在顧客と、定期的に接点がもてるように

自らWEサイトを見に行くほどのホットな見込み客でなくても、LINE@はプッシュ通知でメッセージが届くため、積極的に情報を届けることができます。 

”気軽に”問い合わせてもらうことが可能に

工務店WEBサイトに当たり前のように存在する、資料請求フォームや問い合わせフォーム。しかしフォームは、名前や電話番号など根掘り葉掘り必要事項を埋めなければならず、実際のところ実際のところ面倒くさい。スマホファースト時代の今、LINEを使い慣れているお客様には「気軽に」「用件を」質問できるチャットが使いやすいのです。

 

実際、どのような効果がでているの?

ある工務店のLINE@に来た、お客様からのメッセージです。

「初めて書き込みます」というお客様からのメッセージで始まっているようのですが、この方は、工務店に対する初めてのアクションが、電話でもメールでもフォームでもなく、LINEだったのです。

このような事例は2017年中盤からどんどん増加しています。

小さいお子さんがいる子育て世代やお仕事をされている見込み客からは、「自分のタイミングでやり取りができるLINEは非常に助かる」との声が沢山上がっていると導入会社様はおっしゃいます。

 

完成見学会の来場者アンケート「このイベントを知ったきっかけは何ですか?」に対し、来場者のうち33%がLINE@でイベントを知ったと回答されている事例も出ています。

 

Googleアナリティクスのコンバージョン経路には、メッセージを配信すれば必ずLINE@が含まれている住宅会社も存在します。

 

LINE@で成果を出すためには?

LINE@は月額0円のフリープラン、月額5,400円のベーシックプラン、月額21,600円のプロプランと3種類のプランがあり、費用によって機能が違います。0円から始められますのでまずはアカウントを作りましょう。

プロフィール写真やステータスメッセージ、友達追加時あいさつ、自動応答メッセージ、プラグイン表示設定など、細かな設定を行うことができます。無料で設定できる機能は全て登録しておきましょう。

完成見学会やイベントの前にはメッセージ配信を実施。LINEはプライベートゾーンのSNSです。宣伝めいた文章はNGで、絵文字などを駆使したやわらかい文章が効果的です。

メッセージに貼り付けたURLをクリックしサイトに来てくれる誘導率は、フリープランのテイストリンクよりもベーシックプラン以上でできるリッチメッセージの方が効果大。リッチメッセージで配信すると74.3%がサイトへ流入したという結果もでています。(メルマガ平均開封率9.7~10% 出典:MarketingProfs)

2017年10月10日からはリッチメニューもベーシックプラン以上で利用可能になりました。0円から始められるLINE@ではありますが、誘導率等を考えると工務店もベーシックプランで始められることをお勧めしています。

ベーシックプラン以上でリッチメニューが利用可能に

 

LINE@をもっと知りたい

工務店の見込み客育成にはとても向いているツールですので、とにかくやってみることが先決ですが、「より効果を生むために理論を知る」ことも大切なことだと思います。

資料ダウンロード

LINE@についてまとめた無料資料をダウンロードいただくことが可能です。

住宅会社のためのLINE@マーケティング

資料ダウンロードはこちらから 

 

おすすめの講座
  • 友だち追加メッセージなど最初にしておくべき設定
  • 配信内容や文章など工務店の成功事例を知りたい
  • 友だちを増やすための方法を知りたい

など学んでいただける講座を開講しています。こちらもぜひご活用ください。 

LINE@講座

講座の日程や内容はこちらからご確認ください

 

WEB担当者2日間集中養成講座 2017年12月4,5日

こちらの講座にもLINE@の内容が含まれています。

講座の内容等はこちらからご確認ください

 

 

 

その他の工務店SNS情報 

ピンタレスト

住宅会社WEBの集客チャネルに登場しだしています。

詳しくはこちら

 

インスタグラム

毎日でも接点が持てるビジュアルコミュニケーション時代必須ツール。

詳しくはこちら

 

Facebook

イベント集客に最適。広告配信を味方につける。

詳しくはこちら